内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科
吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。
高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に
内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

各種
保険取扱

吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

徒然日記

君に成功を贈る②

中村 天風 述

神や仏にすがって、救われよう
恵まれようなんて、きわめて卑怯な自分自身を冒涜した考え方だぜ

ちょうど1900年、ドイツのプランク博士(はかせ)が、この地上の多くの人の迷信(めいしん)、妄想(もうそう)を科学的(かがくてき)にズバリと解決(かいけつ)したのであります。
すなわち、この世のすべては森羅万象(しんらばんしょう)ことごとく、それが動植物(どうしょくぶつ)であろうと鉱物(こうぶつ)であろうと一切合財(いっさいがっさい)、「プランク定数H」というものがその根源(こんげん)をなしていると発表(はっぴょう)され、それ以来、知識人(ちしきじん)の神仏(しんぶつ)に対する迷妄(めいもう)が打開(だかい)されたわけであります。
プランク博士は、「文化の遅れているむかしの人間は、この世は神や仏というものがこれを創ったと思ってるが、それは違う。素粒子(そりゅうし)が一切(いっさい)の素をなしているんだ」と説いています。
みなさん方も、私も机も花もすべて、この世に形のあるものは、素粒子の合わされ方によっての相違(そうい)の結果なんです。
だから、もしも神だ仏だということを言いたかったならば、この素粒子という不思議(ふしぎ)なものをつくった、目に見えない力が神だ仏だと言えば間違いないでしょう。
けれども、そうなれば素粒子そのものが、すでに人間の発明した顕微鏡(けんびきょう)では見ることのできない微小(びしょう)なものですから、いわんやそれを創った、まあかりに神・仏と名づけるものがあるとしたなら、それはもうぜんぜん形のないものと思わねばなりませんね。
一つのエネルギー要素だと思うほかしょうがない。
つまり観念の中で、ただそうした力が素粒子を生みだしたのだ、と考えるのがいちばんもっともでしょう。
その力を尊敬するつもりで神や仏と言ったり、ゴッドあるいはアラーと言ったりするのはいいですよ。しかし、ここで考えなきゃいけないことは、かりに神や仏と考えたならば、それと同時に、そのエネルギーを感謝(かんしゃ)し、尊敬(そんけい)することに努(つと)めなくてはいけないんですよ。
宇宙全体を支配している驚くべき力に、ただ感激(かんげき)し尊敬(そんけい)すればいいのです。精神文化の遅れている時代の人間みたいに、それをなにかこう、人格的なもののように考えて、それにすがって「恵まれよう、救われよう」とする考え方は、これは人間として、だんぜん排斥(はいせき)すべき考え方ですよ。
「天は自ら助くるものを助く」なんです。
人間には、オギャーっと生まれたときから、生きとし生ける他のすべての生物が持ちあわせていない「メンタルアビリティ(心理的能力)」というものが与えられているんです。
ところが精神文化の遅れている人は、それを使おうとしないで、運命にゆきづまったり健康難に襲われたりすると、すぐ「神さま仏さま」って、なんですこれ。これはきわめて卑怯(ひきょう)な自分自身を冒涜(ぼうとく)した考え方だぜ。
これを少しも間違った考え方と思わないで、日常の生活のなかで、へんなデイリーレッスンのように行ってやしませんか?
とくに若い人でも、文化の遅れている人と同じように、事があるとすぐに小銭だしてね、神や仏にすがって、救われよう恵まれようとするものが、いまだに世の中には多いですよ。