内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科
吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。
高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に
内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

各種
保険取扱

吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

徒然日記

記憶するコツ・忘れるコツ

米山公啓

 物忘れは、年とともに気になるものです。脳の衰えはしょうがないものと考えられてきましたが、しかし、最近の脳科学では、脳は環境によって鍛えることができるという考えになってきました。
忘れっぽい脳を記憶力がよくなる脳にすることはできるのでしょうか。答えはできるとも言えるし、できないとも言えるという曖昧な答えになります。
覚えようというとき、好きなことであれば意識をしないものです。それは関心があって面白いと思っているからです。有名な棋士でも、棋譜はすぐに覚えてしまうのですが、他のことになるとさっぱり覚えられないと言っています。興味のないことを覚えないのは、意識しないと、脳へ情報として入っていかないからです。
車好きであれば、車雑誌を読んでいるだけで、車の性能を表す数値はさっと覚えてしまいます。しかし、勉強していて、年号や公式となるとなかなか頭に入らないものです。
これも同じように、関心を持っているかどうかで、脳の中で自動的に大切な情報か、忘れてもいい情報か区別してしまうからです。
数学好きの人が、どんどん数学ができるようになるのは、それに関心があって好きだからなのです。
最近物忘れがひどいということは、もちろん年齢によって海馬という記憶に関係する脳細胞の機能が低下しているということもありますが、それより、物事に興味が持てなくなったということのほうが大きな要素なのです。
テレビを観ても、なかなか女優の名前が覚えられないのは、昔のように、自分が本当にいいなあと思える女優がいなくなってしまったということが影響しているのです。
つまりもの忘れや記憶の低下を感じるときは、あなたが新しい情報に対して、好奇心を失いつつあるという危険な状況と言ってもいいでしょう。
芸術家は常に新しいものを求めているため、また年齢を感じることなく頭を使うので、もの忘れを感じることはあまりないのです。
覚えようと意識すること、好きになる、関心を持つこと、これらが記憶の基本なのです。
覚えることももちろん大切ですが、逆に忘れることは社会で生きていくにはもっと重要になります。
失敗したとき、いやなことを経験したとき、それをいかに早く忘れるか、これをビジネスを成功させる場合にも重要なことです。
忘れる方法はいくつかあります。一番いいのは、別の新しいことを始めることで、過去の記憶を過去に押しやってしまうことでしょう。
つまり、失恋なら新しい恋をすること、仕事で失敗したら、次の新しい仕事に取り組むことです。
記憶は時間とともに薄らいでいきます。どんな辛い記憶も時間が経てば色あせるものです。しかし、それまで苦しむこともあるし、いやな気分でいることもあります。
だから積極的に新しいことに挑戦し、古い記憶に蓋をしてしまうのです。
脳というのは何か情報が入ってこないと、自分で過去の記憶などをひっぱり出してきます。それを防ぐためにも、常に外から情報を入れていけばいいのです。それを前向きに生きている証拠とも言えるでしょう。人が失敗しても、なおかつ挑戦的になれるのは、そういった記憶の仕組みを利用しているからなのです。忘れたいために、仕事をする、そんな理由でも、仕事を続けることで、新しいチャンスを得る可能性も出てきます。
反省ばかりして、すっかりやる気をなくしてしまっては、進歩がありません。そうならないためにも、懲りずに新しいことにチャレンジしていきましょう。