内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科
吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。
高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に
内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

各種
保険取扱

吉川内科小児科 生薬方剤による漢方診療(保険適用)

吉川内科小児科は、愛知県名古屋市中村区、名古屋市立豊臣小学校の西にある内科小児科医院です。高血圧や、肥満などメタボリックシンドローム、リセット禁煙、漢方診療(保険適用)を中心に内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科の診療をしています。お気軽にご相談ください。

徒然日記

第8章 種の起源

 ――抜粋――       世界を変えた10冊の本  池上 彰  文春文庫

マルクスにも影響与える

ダーウィンの進化論に、同時代の思わぬ人物が触発されました。カール・マルクスです。ダーウィンの展開した自然淘汰の理論が、マルクスには資本主義の自由競争の市場を想起させたのです。

マルクスは、著書『資本論』の中でダーウィンの『種の起源』について触れています。激しい生存競争の中で環境に適応した生き物だけが生き抜いていく姿は、まさに資本主義経済の企業を彷彿(ほうふつ)とさせたようです。

ドイツ出身ながらイギリスに亡命し、ロンドンで『資本論』を書き上げたマルクスは、著書をダーウィンに献呈しています。

「社会ダーウィニズム」を生み出す

ダーウィンの唱えた進化論は、本人の思いもよらない影響を生み出しました。それが「社会ダーウィニズム」でした。

適者生存の理論を社会に単純に当てはめて考えた思想です。生き物は、過酷な生存闘争に勝った者だけが自然淘汰されて残る。「適者」のみが生き残るのであり、生き残った者は正しい、という考え方です。

この考えを当時の資本家たちは歓迎しました。力のある生き物が生き残れるように、最も効率的な企業が市場を独占するのは当然だと考えたのです。自分たちこそが「適者」だと考えたのですね。

この思想は、弱い立場の者への社会福祉を否定することにつながりました。社会福祉を充実させると、本来淘汰されるべき企業や個人が生き残り、経済や社会に悪い影響を与え、社会全体が弱くなってしまうというわけです。自由放任主義・弱肉強食の社会こそがあるべき姿だということになります。

また、白人たちが、アジアやアフリカで先住民を支配することを正当化する理論になりました。力のある者がそうでない者に打ち勝つのは自然の摂理であるという思想です。植民地主義や人種差別の理論的根拠として使われることもあったのです。

さらに、優生学も生まれました。障害のある者や精神疾患のある者などは環境に適応できない「劣った生き物」だとして、社会から隔離する対象になるという恐ろしい思想です。これはやがて、ナチスドイツが実践することになります。

(ダーウィンの学説を単純に社会に当てはめると、とんでもないことになりましたが、生物学の分野では、大きな発展でした。)